2006年01月21日

ダイエットのうそホント!?〜サーキットトレーニング再考〜

7aa49d59.jpgさて、これまでの考察を通じて、「ダイエット=体脂肪を減少させること」と定義するならば、ダイエットを行なう上で最も重要な要素は骨格筋の脂質酸化能力を高めることであり、ダイエットを目的に行なう運動の意義は、消費エネルギーを増大させることではなく、骨格筋における脂質酸化能力を高めることあるという結論至った。

一般的には、運動の消費エネルギーばかりに目が向けられ、運動を行なうことで1日の消費エネルギーを増やすことがダイエットの基本として考えられているが、体脂肪を減少させるためには長時間にわたる運動が必要であり、必ずしも運動を行なったからといって体脂肪の減少がみられるとは限らない。

もちろん、運動による消費エネルギーの増大は余剰エネルギーの減少をもたらし、体脂肪の蓄積を防ぐことが可能であることは否定しようのない事実であるが、劇的な体脂肪の減少をもたらすことはないということを否定することは出来ないといえよう。続きを読む
posted by NOGU at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

ダイエットのうそホント!?〜体脂肪減少の真髄〜

920a68c9.jpg前回は体脂肪のエネルギー源としての働きについて考察させて頂いたが、「ダイエット=体脂肪を減少させること」と定義するのであれば、ダイエットを行なう上で重要な要素は多くの体脂肪を分解させることではなく、骨格筋の脂質酸化能力を高めることであるという結論に至った。

つまり、筋肉が体脂肪をエネルギー源として利用できる能力を高めることがダイエットでは重要であり、骨格筋の脂質酸化能力が劣っている場合においては、いくら体脂肪が分解されて脂肪酸が放出されても、その脂肪酸は元の鞘に戻ってしまうということである。

従って、近年、注目を浴びているアミノ酸ダイエットや局所的な身体刺激による体脂肪分解促進法は、骨格筋の脂質酸化能力に劣る人においてはその効果が得られ難いということになる訳だ。続きを読む
posted by NOGU at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

ダイエットのうそホント!?〜体脂肪をエネルギー源として効率よく利用するには・・・〜

fc0635d5.jpg前回は、局所的な体脂肪の減少、すなわち「部分痩せ」について、局所的な体脂肪の分解という側面から考察させて頂いたが、仮に局所的な体脂肪の分解が行なわれたとしても、それがエネルギー源として利用されなければ、結果として局所的な体脂肪の減少には至らないということになる。

そこで、今回はエネルギー源としての体脂肪の働きを中心に体脂肪をエネルギー源として効率よく利用するために必要な要素について考察させて頂きたい。

体脂肪は皮下や内臓周囲に蓄積された脂質であり、主にエネルギー源としての機能を果たしていることは周知の事実であるが、我々人間が生命を維持する上で必要とされるエネルギー源は脂質ばかりではない。続きを読む
posted by NOGU at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

ダイエットのうそホント!?

3f9135d1.jpgやはりダイエット関連エントリーは皆さんの関心も高いということで(?)、しばらくダイエットに関する考察を集中的に行なってみたい・・・

情報化社会といわれる現代社会では様々な情報を得ることが可能となっている。
しかしながら、情報を簡単に得ることができるということは、一方で、情報過多に陥りやすいことを表している。

それは、ダイエット関連情報についても同様である。

そこで、「ダイエットのうそホント!?」と銘打って、巷に蔓延るダイエット関連情報について検証してみたい。
基本的には中立的な立場として考察をしていきたいと考えているが皆さんのダイエットの参考になる部分があれば幸いである。続きを読む
posted by NOGU at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

梨状筋症候群とは

2816cea1.jpg近年、多くのランナーの「悩みの種」といわれる「梨状筋症候群」。

「症候群」という名がついていることからも分かる通り、梨状筋症候群は様々な症状を呈することが多く、その解消法、改善法については未だ確立されているとはいい切れない状況である。

実は、以前から私もこの利状筋症候群を抱えており、トライアスロンレースに頻繁に出場している頃は悩みの種であった。

そこで、今回はこの梨状筋症候群について簡単に考察してみたい。続きを読む
posted by NOGU at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ医・科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

アミノ酸再考

823d1160.jpg近年、大ブレーク(?)しているアミノ酸。
私もここ数年、アミノ酸に関する質問を受ける機会が増えている。

アミノ酸には様々な効果があるとのことで注目されているようだが、医療やスポーツの現場ではアミノ酸の摂取は古くからごく当たり前のように行なわれていることであり、特に目新しいことではない。

が、近年のアミノ酸ブーム(?)の影響からか「アミノ酸を摂取することであらゆる身体のトラブル・悩みが解決出来る」ような誤った(?)認識をしている一般の人も多く、今さらではあるが、アミノ酸について考察してみたい。続きを読む

2005年12月30日

コーディネーショントレーニングにおける留意点

145e67cc.jpgコーディネーショントレーニングは、トップアスリートを育成する上で重要なトレーニングであることは繰り返し記述させて頂いているが、コーディネーショントレーニングの目的は競技スポーツのパフォーマンスを向上させることばかりではない。

コーディネーショントレーニングは、身体活動を行なう上で必要不可欠となる神経系や感覚器(筋肉等)の機能向上に効果的であることから、リハビリテーションや転倒予防といった高齢者のトレーニング(運動)としても非常に重要であるといえる。

従って、どのような対象者に対してどのような目的でコーディネーショントレーニングを行なうのかを十分に考慮した上で、トレーニングプログラムを組み立てなければならない。続きを読む
posted by NOGU at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

コーディネーショントレーニングの種類

25888847.jpg「コーディネーション能力」はスポーツパフォーマンスを向上させるための重要な要素であり、コーディネーション能力を向上させることを目的としたコーディネーショントレーニングは、各専門スポーツ種目のトレーニングを開始する前に取り組むことが重要である。

そして、コーディネーショントレーニングに取り組む時期が、その後のスポーツパフォーマンスに大きく影響を及ぼすとされている。

つまり、コーディネーショントレーニングは幼少期から早期に取り組むことが重要であり、それがトップアスリートの条件になりうる訳だ。

コーディネーショントレーニングは、特別なトレーニング(方法)という訳ではなく「遊び」の中に含まれる要素であるのだが、子供達の「遊び」の要素が偏った現代社会においては、幼少期においてよりシステマチックなコーディネーショントレーニングプログラムの導入が必要となるであろう。続きを読む
posted by NOGU at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

コーディネーショントレーニング_その2

ed902d4d.jpg最近では、子供達の遊びの要素が偏っていることが問題視されているといっても過言ではない。現代社会では、いわゆる「外遊び」の要素が著しく減っており、それに伴う体力の低下、身体機能の低下が指摘されている。

こうした子供達の身体機能の低下は、日本の近い将来に大きな影響を及ぼす可能性を秘めている訳であるが、日本のスポーツ競技力にも大きな影響を及ぼす可能性があるといえるだろう。

いい換えれば、幼少期に行なう外遊びは、トップアスリート育成する上で重要な要素となり、外遊びの要素が減少している現代社会においては、トップアスリートが育たない、育ち難い可能性が高いという訳だ。続きを読む
posted by NOGU at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

コーディネーショントレーニング

2f5e0d66.jpg皆さんは「コーディネーショントレーニング」というトレーニング(方法)をご存知であろうか!?

私たちは普段「運動神経がよい」、あるいは「運動神経が鈍い」という言葉を口にしたり耳にしたりすることが多い。近年、子供の外遊びが減り「運動神経が鈍い」子が増えているといわれているが、一般的に「運動神経がよい」とされる人は、「コーディネーション能力」が高いといわれている。

コーディネーション能力とは、状況を目や耳などの五感で察知し、それを頭(脳)で判断し、それに合わせて筋肉を収縮させるといった一連のプロセスをスムースに行なう能力のことをさす。続きを読む
posted by NOGU at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。