2006年01月31日

運動さえしていれば・・・!?

acbfc2cd.jpg以前にもお伝えした通り、肥満は生活習慣病の原因となり生活習慣病の進行は心筋梗塞や脳梗塞といった動脈硬化性疾患の危険性を高め、これら動脈硬化性疾患の死因率は非常に高いことが明らかにされていることから、早期死亡を回避する上で肥満を解消・予防することは重要課題であるといえよう。

運動は肥満の解消・予防方法として一般的であるが、運動の肥満解消効果については様々な見解があり、必ずしも運動が肥満解消の絶対条件であるとはいい切れない。

しかしながら、運動の持つ様々な効果を踏まえて考えれば、肥満を解消する上で運動の実践は必要条件であるといえよう。続きを読む
posted by NOGU at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | フィットネス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

メディカルチェックについて

57efbcd8.jpg運動(プログラム)を開始するにあたっては、運動が原因で起こる障害、潜在性の疾患、諸々の問題を発見する為にメディカルチェックを実施する必要性がある。

メディカルチェックの手順としては

1)問診
・家系に突然死があるか否か確認する。
・既往症に失神発作あるいは感染症があるか否か確認する。
・最近の自覚症状の有無を確認する。続きを読む
posted by NOGU at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | フィットネス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

積極的な脂肪摂取!?

deade1f5.jpg9月に入り、相変わらず残暑厳し日も続いているが、徐々に秋の気配を感じるようになってきた今日この頃、スポーツの秋ということもあり、マラソンシーズンが目前に迫ってきている。

ところで、一時期、いわゆる持久能力を向上させる一つの方法として「ファットローディング」なるものが注目を浴びた時期があったのだが・・・

ファットローディングとは、その名の通り、身体に脂肪を負荷していくもの、つまり、脂肪を積極的に摂取していくことであり、持久能力を向上させる一つの方法である。
「脂肪を積極的に摂取する」とは、減量を目的にトレーニングを行なっている人にとっては、まさに仰天なる方法であるといえるのだが・・・続きを読む
posted by NOGU at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | フィットネス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

疲労とは・・・

d0115636.jpg以前、疲労にいて考察させて頂いたことがあったが、今回はまた別の視点から疲労について考察してみたい。

疲労とは、生理的諸機能が適度に、あるいは持続的に低下する状態をさす。
そして、それが進行し残留して疾病に移行する恐れのある状態であるとされている。
また、疲れたという感じを疲労感というが、疲労感と疲労とは必ずしも一致せず、疲労感は運動を抑制することになる。続きを読む
posted by NOGU at 08:07| Comment(1) | TrackBack(0) | フィットネス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

休みすぎ・・・!?

28126809.jpgお盆休みが終了し、私が担当しているクライアントの皆さんも徐々にトレーニングを再開された。

この時期ならびにお正月休みの時期には、短い人でも約1週間程度、長い人で2週間近くもトレーニング指導が出来ないケースが発生し、トレーニング再開後、顔を合わせた時(つまり、トレーニングセッション開始前)には「疲れがとれリフレッシュできた」とおっしゃっているのだが、トレーニングセッション終了後は一様に「身体が鈍った」と口にする。

トレーニングは継続することが最も重要であるといっても過言ではない。
が、過度なトレーニングは身体を疲労させ身体機能を低下させることもある。
従って、効果的にトレーニングを進めていくためには、トレーニングによって生じた身体的疲労を消失させなければならない。続きを読む
posted by NOGU at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フィットネス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

揺らぎ・・・

342a0539.jpgこれまでに何度か、心拍数は生体にかかるストレス度合いを評価する指標であることについて解説させて頂いているが、今回はその根拠となる心拍変動と自律神経の働きについて考察させて頂く。

安静時の心臓の拍動は自律神経のコントロールによって、複雑に変動しているのだが、このような変動は「心拍変動」と呼ばれている。

心拍変動が生じるメカニズムについては、まだ十分に明らかにされていないのであるが、心拍変動は、(心臓の)拍動間隔の変化を指し、「R波」と呼ばれる心電図波形の突出している部分の間隔のことを指している。(心拍変動はR波とR波の間隔を指すことから「R-R interval」とも呼ばれている。)

そして、最近ではこの心拍変動が様々な分野で活用されるようになり、トレーニングの現場でも活用されるようになってきているのだ。続きを読む
posted by NOGU at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | フィットネス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

ストレスマネジメントインターバル

88426b2e.jpg先日は、インターバルトレーニングが持つ意外な側面について解説させて頂いた。
そこで、今回は私がお勧めするインターバルトレーニングの具体的な実施方法について紹介させて頂くことにする。

インターバルトレーニングのポイントは、回復期(緩走期)にいかに身体を回復させるかということである。しかしながら、回復といってもどのような状態まで身体を回復させたらよいのか具体的には分かりにくい。

そこで、心拍数を活用することでどの程度身体が回復したかを確認すると非常に効率的なインターバルトレーニングを実施することが出来るのである。続きを読む
posted by NOGU at 08:53| Comment(1) | TrackBack(0) | フィットネス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

健康増進にインターバルトレーニング!?

68572f35.jpg世界陸上が閉幕した。
今回の世界陸上の女子マラソン競技で優勝したのはポーラ・ラドクリフ。
彼女はもともと1万メートル競技の選手であった。

ラドクリフは、1999年の世界陸上の1万メートル競技で2位になったが、その後のオリンピック、世界陸上の1万メートル競技ではアフリカ勢に歯が立たず、3年前にマラソン競技に転向し現在に至っている。

これまで、1万メートル競技とマラソン競技は全く異質のものとして考えられることもあったのだが、近年のマラソン競技の高速化に伴い、1万メートル競技の延長線上にマラソン競技が存在し、マラソン競技でよい成績を収めるためには1万メートル競技でも十分なパフォーマンスを発揮出来なければならないといえるだろう。続きを読む
posted by NOGU at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | フィットネス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

どっちが先!?

d000c3e8.jpg私がパーソナルトレーナーとして活動しているスポーツクラブで「筋力トレーニングと有酸素トレーニングはどちらを先に行なうべきか?」という質問を受けることがある。

いつものことながら、様々な状況に応じてトレーニングプログラムを設定する訳であるから、一概に「どちらかを先に行なうべきである」とはいい切れない部分も多いのだが、今回は筋力トレーニングと有酸素トレーニングの優先順位について考察してみたい。

まず結論からいってしまえば、基本的に有酸素トレーニングと筋力トレーニングはどちらを先に行なってもよいといえるだろう。続きを読む
posted by NOGU at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | フィットネス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

What's Time

dc2aa1fb.jpgパーソナルトレーナーとして活動していて、「いつ、運動(トレーニング)するのが効果的なのか?」という質問を受けることがある。

トレーニングの目的はそれぞれであり、その目的や生活環境(ライフスタイル)に合わせてトレーニング方法やトレーニング環境、トレーニング時間等を選択し、確実にトレーニングを実行することで効果が得られる訳であるから、一概に「この時間(帯)にトレーニングをすればよい」ということはいえないだろう。

しかし、「一般的に」という側面から、トレーニングを行なうべき時間(帯)について検証してみたい。続きを読む
posted by NOGU at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | フィットネス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

歩くより走った方が楽!?

601d4198.jpg私が出入りをさせて頂いているスポーツクラブでも多くの人がジョギングに励んでいる。その目的は、ダイエットのため、心肺機能を高めるため、レースに参加するため、など人それぞれである。

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は手軽に実施出来るエクササイズではあるが、ただ闇雲に実施すればよいというものではない。
やはり、目的に合わせてしっかりと強度(ウォーキングスピードやジョギングスピード)を設定する必要性があるのだ。

そこで、今回はジョギングスピードに関する興味深いお話をさせて頂きたい。続きを読む
posted by NOGU at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | フィットネス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

いつまでもイキイキと!その2

c5b3cd3e.jpg前回は、いつまでもイキイキと生活するために適切な持久的トレーニングを実施することが重要であることをお伝えした。

では果たして、高齢者においては持久的トレーニングだけを実施していればよいのだろうか?

そこで、今回は高齢者における筋力(レジスタンス)トレーニングの効果について考察してみたい。

一般的にレジスタンストレーニングは筋の発揮張力を向上させるといわれている。
簡単にいえば、筋力トレーニングを実施すると筋力が向上するという訳だ。

筋力は歩行速度、座位から立位への移動能力、階段上り等と密接な関係があるとされていることから、一般的な加齢、不活動、疾病に伴う筋力の低下は転倒や骨折のリスクを増加させる原因となる。続きを読む
posted by NOGU at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | フィットネス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

いつまでもイキイキと!

ba7c6f44.jpg高齢化社会の到来といわれて久しいが・・・

私たち人間は、加齢に伴う身体機能の低下を避けることが出来ない。
特に高齢期においては、加齢に伴う活動量の減少の影響も加わり、身体機能の低下をさらに加速させることになる。

身体機能の低下は衰弱、疲労、緩慢な動作などの高齢期に多く見られる症状の要因となりうるため、「QOL」と呼ばれる生活のクオリティを保つためには加齢に伴う身体機能の低下を防がなければならない。

そして、この身体機能の低下を防ぐためには運動・トレーニングが必要となるのだ。続きを読む
posted by NOGU at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | フィットネス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

ストレス・・・

13f6cb35.jpg現代社会では何かと「ストレス」という言葉を耳にする。
そこで、今回は「ストレスとは何なのか?」について改めて考えてみたい。

生物には、個の保存と種の保存という本能がありそれを遂行する能力が備わっている。
よって私たちは外敵が現れた場合、それを緊急事態として判断し、生き延びる為「戦うか逃げるか」の対応が出来るように体勢を整えるのだ。
この働きは自律神経に支配されており、緊急時には交感神経が優位となり、心拍数を上げ、筋肉の血液量を増やし、血糖値を上昇させることで、筋肉が大きな力を発揮できるように準備を整え、逆に無関係な内臓の働きは抑制されるのである。

この外敵、緊急事態と判断される刺激が「ストレッサー」であり、これに対する身体の反応が「ストレス」、あるいは「ストレス反応」と呼ばれるものである。続きを読む
posted by NOGU at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | フィットネス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

疲れた・・・

1e7713de.jpg最近、仕事が立て込んでおり少し疲労気味である・・・

それはさておき、近年、「慢性疲労」「疲労回復」など「疲労」という言葉をよくみかけるように感じるが、何かとストレスが多い現代社会では、それだけ身体が疲労しやすい(疲労しやすいと感じる)のだろう。

ところで、その疲労とは一体どのような状態を意味するのであろうか・・・
そこで、今回は「疲労とは何か」について考えてみたい。

そもそも、疲労とは(人間に限らず)長時間の継続的使用によって本来の機能が低下する現象を意味している。続きを読む
posted by NOGU at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | フィットネス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

夏バテ解消のヒント!?

5aedd469.jpgさて、夏直前である!
まだ梅雨も明けておらず、不安定な天候が続いているが・・・

年間天気予報で今年の夏は「冷夏の可能性もあり」といわれていたようであるが、果たしてどんな夏が待っているのだろうか!?

いずれにしても、夏の後半には、食欲がない、何となく身体がだるいといったいわゆる「夏バテ」の状態に陥る方も多いのではなかろうか?

そこで、今回は少し気が早いが「夏バテ」とは何かについて考察し、この夏を乗り切るヒントをお伝えできればと思う。続きを読む
posted by NOGU at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | フィットネス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

息止めないで!?

ee687139.jpgトレーニング現場ではよく「呼吸を止めないで!」という言葉を耳にする。
特に、ウエイトトレーニングの指導現場では、「ウエイトを上げる時には息を止めないようにし、必ず息を吐くようにしましょう」という指導を行なう。
もちろん、私も(基本的には)そのように指導している。

このような指導が一般的に行なわれているのは、ウエイトを持ち上げる時に呼吸を止めてしまうと、体内の圧力が上昇し、身体に悪影響を及ぼす・・・具体的には血圧が急上昇してしまうことからであるのだが、呼吸を止めるということで身体よい影響を及ぼす側面があることを皆さんはご存知だろうか!?

実はウエイトを持ち上げる際に息を止めると、身体に対するストレスが増加し、成長ホルモンの分泌が促されタンパク質の合成が促進されるという論理も成り立つのである。続きを読む
posted by NOGU at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | フィットネス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

「なわとび」のすすめ!その3

13e525f9.jpgさて、なわとびが非常に効果的なエクササイズであることをお分かり頂けたかと思うが、なわとびには更なる意外な効果もあるのだ。

そこで今回は、なわとびの意外な効果について考察してみたい。
そして、「なわとびのすすめ!」の総まとめとして、なわとびを実施する上でのポイントについて説明させて頂く。

私たち人間の筋肉のほとんどは下肢にあるといわれている。
その量は全身の筋肉のおよそ3分の2にも相当するといわれているのだ。

私たちの筋肉の中には、「筋紡錘」という筋肉の長さを感じとる感覚受容器(センサー)があり、筋肉を動かすとこの筋紡錘からたくさんの刺激が脳の「脳幹網様体賦活系」というところに伝わるのだが、この「脳幹網様体賦活系」というところ、実は大脳の活動水準をコントロールしているところだといわれている。続きを読む
posted by NOGU at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | フィットネス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

柔軟性とは!?その4

5aa613c9.jpgさて、今回は「柔軟性とは!?」の総まとめである。
柔軟性が一般的には「関節可動域」を表していることは、これまでに述べた通りであるが、一般(成)人にとって柔軟性を評価し、それを高める必要性は何であるのか?について考察してみたい。

柔軟性が低下する要因は、これまでに述べた通り、関節の構造上のトラブルが生じた場合、主動筋と拮抗筋の筋力発揮が上手くコントロール出来ない場合、筋肉の伸張性が低下した場合、などが考えられるのだが、特に一般成人における柔軟性の低下は、関節の構造上のトラブルが生じることや筋肉の伸張性が低下することによって引き起こされることが多いといえる。続きを読む
posted by NOGU at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | フィットネス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

柔軟性とは!?その3

←柔軟性向上のために・・・

さて今回は、柔軟性の低下と関節痛の関係、ならびに、柔軟性と筋力の関係について考察してみたい。

関節痛の原因は様々であり一概にはいえないが、筋肉の短縮、すなわち柔軟性の低下は時として関節の痛みを生じさせることがある。
例えば、肩関節の周りには大小様々な筋肉が存在するが、肩の外側にある筋肉の過度な短縮は、いわゆる「四十肩・五十肩」の原因になるといわれている。

肩関節は非常に不安定な関節であり「インナーマッスル」と呼ばれる身体の奥で肩関節を支える(上腕骨を支える)筋肉の働きが重要になる。つまり、インナーマッスルがスムースに動くことが出来なければ肩(上腕)を充分に動かすことは出来ないのである。続きを読む
posted by NOGU at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | フィットネス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。