2006年09月05日

遠心性筋収縮を強調したレジスタンストレーニングの重要性について

c06cc6fc.jpgトレーニング現場では、古くから遠心性筋収縮を強調したレジスタンストレーニング(ネガティブワークトレーニング)が実践されているが、遠心性筋収縮を強調したレジスタンストレーニングの有効性について、(1)歩行能力との関連から(2)下肢筋力向上という観点から(3)高齢者におけるレジスタンストレーニングという観点から、の3つの側面から考察してみたい。

【ネガティブトレーニングの有効性:歩行能力との関連から】
歩行は複雑な筋活動や生体力学を必要とすることが報告されているが、歩行中には下肢の慣性を調整するために、遠心性の筋活動が重要であることが報告されている。そして、平地歩行の遠心性筋活動が優位となるフェーズでは体重の2倍程度の遠心性股関節外転筋力が必要であることが明らかにされている。また、足関節底屈筋力は歩行や階段昇降の速度と密接な関係があることが明らかにされているが、遠心性の底屈は階段を下りる際に体重の移動するに伴う遠位部の固定に作用するといわれている。

さらに、踵接地時における遠心性の前脛骨筋の筋活動は下肢の安定化に役立ち歩行時の転倒に関する重要な要素であることが示唆されている。

一方、走行時には下肢後面の筋群(殿筋群、ハムストリングス、下腿三頭筋)の遠心性筋収縮機能が下肢を動的固定していることが報告されている。

これらのことから、歩行能力を向上させ転倒を予防する、あるいはランニングパフォーマンスを向上させるためには、下肢筋群のネガティブワークトレーニングが重要になるといえる。

【ネガティブワークトレーニングの有効性:下肢筋力向上という観点から】
歩行能力は人間の生活を維持する上で最も基本となる、そして重要な要素となる能力であり、歩行能力の低下はすなわちADLの低下及びQOLの低下を招くことになる。

また、ランニング(能力)は全てのスポーツの基本となり、陸上競技はもちろん、陸上競技以外の諸競技においてもランニングパフォーマンスの優劣がその競技パフォーマンスの優劣に直結することも少なくない。

上述した通り、歩行能力、ランニング能力を決定する重要な要素の一つに下肢筋力、特に下肢筋群の遠心性筋活動における筋力が挙げられ、その能力を向上させることが歩行能力及びランニング能力の向上に寄与することが予想される。

これらのことから、私たち人間にとって下肢筋力を向上させることは必要不可欠な要素であると考えることが出来る。

ところで、近年ではクローズドキネティックチェーン(CKC)におけるバイオメカニクスやリハビリテーション、トレーニングがクローズアップされており、リハビリテーションにおいても早期からCKCによるエクササイズを実施することが推奨されている。

クローズドキネティックでの動作は複数の関節の動きが遠心性の筋活動を介在して連続した順序で起こるとされ、特に下肢ではクローズドキネティックチェーンにおけるバイオメカニクスが遠心性の筋力コントロールパターンと関節の固有受容器に複雑に関係していることが明らかにされている。

これらのことから、下肢筋力の向上を目的としたストレングストレーニングについては特にネガティブワークトレーニングを用いることが有効であることが示唆され、CKCでのレジスタンストレーニングを併用することで更なる効果が期待出来るといえよう。

【ネガティブワークトレーニングの有効性:高齢者におけるレジスタンストレーニングという観点から】
古くから「老化は脚から」といわれるように加齢に伴い、いわゆる下肢荷重筋群は減少(萎縮)しその筋力も低下していくことが報告されているが、特に下肢筋群のTypeU線維の減少(萎縮)は高齢者にみられる立位能力(機能)、歩行能力(機能)、立ち上がり能力(機能)、バランス能力(機能)の低下をもたらすことが示唆されている。

ある研究によると、20歳から70歳までの間に筋量は18%減少し、それによってADLや自立的な生活を維持する能力を阻害していることが示唆されているが、遠心性筋収縮を伴う筋力トレーニングはTypeU線維を選択的に刺激することが可能であるとの報告もあることから高齢者におけるレジスタンストレーニングでは遠心性筋収縮を伴うレジスタンストレーニングを採用することで効率的に下肢筋群の筋力低下を予防することが可能であるといよう。

また、遠心性筋活動は間接的に関節を保護する役割を担い、特に関節軟骨に対する破壊的な衝撃力を減弱する効果があることが報告されていることからも高齢者における遠心性筋収縮を伴うレジスタンストレーニングの重要性がうかがえる。

以上のことから、特に下肢筋群に対するレジスタンストレーニングはネガティブワークトレーニングを中心にCKCでのトレーニングを併用することが重要であることが理解できよう。
posted by NOGU at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。